講座が進むごとに「私にもできる!」という自信がついて、どんどん楽しくなりました。

長谷川 莉江さん

参加して一番良かったのは「自分の将来の夢」が見えてきたこと。

「新しい働き方講座」に参加したきっかけは?

3歳と6歳の子どもがいまして、今は専業主婦です。下の子が今年から幼稚園に通い始めて時間に余裕ができたので、何かしたいなと思っていました。とはいえ、子どもはまだ手が掛かるので、フルタイム勤務で働くことはできません。そんなときに「新しい働き方講座」があると知りました。

パソコンやインターネットを使って個人で仕事を受けるという働き方は、もともと知っていました。何かを仕入れて販売するような仕事とは違って、元手をかけずに始められる点が魅力的だなと思っていたんですね。

ただ、具体的な内容まではわからなかったので、一度話を聞いてみたいと思い参加することにしました。

講座に参加して良かったと思うことは?

講座では、クラウドソーシングにはどんな仕事があるのか、どのように受注するのか、仕事の流れについて理解できました。でも一番良かったのは、自分の将来を見つめるきっかけになったことだと思います。

子どもがいると、どうしても日々の生活に追われて自分自身について考える機会がなくなってしまうんですね。今回の講座に参加して、「将来に向けて何か始めなくちゃ」という気持ちが強くなったのは大きな収穫でした。

最初の回で衝撃的だったのは、先輩のフリーランサーさんが月収50万円以上稼いでいるという話です。今すぐには無理でも、私もそこを目指してがんばりたいというゴールが見えたので、モチベーションがグッと上がりました。家に帰っても興奮がおさまらなくて、主人に「こんなすごい人もいるんだよ!」と報告しました(笑)。

受講するにあたって、ご家族の反応はどうでしたか?

家族は全面的に応援してくれています。主人は「ぜひフリーランスとして稼げるようになってほしい」と言っていますね(笑)。

私は何かに集中し始めると没頭してしまうので、その間は主人が子どもの面倒を見てくれるなど協力してくれています。今回の講座で出た宿題をやるときも、主人が家事を手伝ってくれました。本当にありがたいと思っています。

「何かしたい」という受講生が集まっているので、モチベーションが上がる。

長谷川 莉江さん

長谷川さんはモヤ会(モヤモヤ解消会の略:自主勉強会)にも毎回参加されていました。どんな点が良かったですか?

モヤ会は、講座の途中で聞きそびれてしまった質問や、家に帰ってから浮かんだ疑問を気軽に聞ける場なので、理解を深めるのにとても役立ちました。前年の受講生も参加してくれるなど、交流が広がったところも良かったです。

私と同じように、「何かしたい」と思っている受講生が集まるので、とても良い刺激を受けました。

長谷川さんは「新しい働き方講座」を修了後、「Webライティング講座」にも参加されました。どんな学びがありましたか?

「新しい働き方講座」では、クラウドソーシングの始め方をメインに学んだので、次に仕事に役立つスキルを身につけたいと思い、「Webライティング講座」にも参加しました。

長い文章を書くことに慣れていないこともあって、最初はどうやったら書けるようになるのかイメージすらできませんでした。それが回を重ねるごとに、「書けそう!」と思えるようになっていったんです。

とくに「文章構成の作り方」は、本当に勉強になりました。課題に取り組むのも面白かったですし、提出したものを添削してもらえるという講座の進み方もとても良かった。講師の方からコメントをもらえたのが嬉しくて、何度も読み返しました(笑)。

今ではテレビを見ていても、気づくとタイトルのつけ方をチェックしていたり、ライターの目線が少し身についたのかなと思っています。仕事をやっていけそうという自信がついたので、大きな進歩となりました。

おばあちゃんになっても、フリーランスとして活躍していたい。

5年後や10年後に「こんな自分になっていたい」という理想の姿を教えてください。

何でもいいので、「私はこれができる」というものを持っていたいですね。子どものお手本になるような、自立した母親の生き方を見せたいという思いがあります。

フリーランスには定年がないので、おばあちゃんになっても仕事ができます。スキルを身につけて、いくつになってもどこに住んでいても、自立した生活を送れるようになるのが理想。子どもの世話にならなくても自分の力で生活できる、稼げるフリーランスが目標ですね。

最後に、今後クラウドソーシングに挑戦したいという方に向けてメッセージをお願いします!

やるかどうか迷っているなら、まずは始めてみたほうがいいと思います。田舎だからこそ、今後、クラウドソーシングはもっと注目されるのではないかなと思っています。私自身も今回の講座を受けて、「こんな働き方もできるのか」と選択の幅が広がりました。こういった講座を利用して、話を聞いてみるところからスタートしてみることをおすすめします。

ありがとうございました!

超初心者でもクラウドソーシングを始められる講座。毎回参加するのが楽しみでした。

八塚 明子さん

初めてでも「やれそうだな」と思えるきっかけを得られた

「新しい働き方講座」に参加したきっかけは?

インターネットを通じて仕事をする在宅ワークは、若い頃からずっと憧れてきた働き方でした。私は専業主婦ですが、子どもは高校生なのでほとんど手が掛かりません。自由になる時間が多いので、今のうちにスキルを身につけて将来に備えたいという気持ちがありました。

「新しい働き方講座」については、じつは昨年に受講しようか悩んだのですが、迷っているうちに締切が過ぎてしまいました。というのも、一歩を踏み出す勇気を持てず、家族にうまく説明できる自信がなかったからです。

今年も開催されると知り、「今回こそは挑戦するぞ」と意気込みを新たにしました。家族に話したところ、「南相馬市が主催している講座なら安心できるね」と応援してくれました。

講座に参加して良かったと思うことは?

クラウドソーシングをやってみたいと思ってはいたものの、実際にどんな仕事があるのか、始める方法もわからない状態でした。講座では超初心者でもわかるようにゼロから教えてくれたので、仕事のイメージをすぐにつかめた点が良かったですね。

初めて知ることもたくさんありましたし、何より、やりたいことに取り組んでいる充実感がありました。自分自身が活性化されている感覚もあって、嬉しかったです(笑)。

最初は不安もありましたが、受講されているみなさんが「とにかく、やってみよう」という方々ばかりだったので、良い刺激をたくさんいただきました。できない理由を挙げて先延ばしにするのではなく、「やれそうだな」と思えるきっかけがほしかったので、この講座に参加して本当に良かったと思っています。

家族から、「講座がある水曜日は生き生きしている」と言われた。

八塚 明子さん

八塚さんは、早い段階からランサーズで仕事を受注されていました。どんな仕事に取り組みましたか?

ファッション通販サイトに掲載する画像の加工と、商品説明文のリライトです。未経験の仕事でしたが、初心者でもできるようマニュアルが完備されていたので思い切って挑戦してみました。現在も継続してご依頼をいただいています。

仕事は日によって2時間しかできないときもあれば、7時間くらいやるときもあります。といっても、家の中のことをやりながら作業しているので、むしろ家事をやるときは休憩時間のような気分転換になっていますね。

クラウドソーシングを始めて、生活スタイルは変わりましたか?

時間の使い方がうまくなったと思います。やり始めるとのめり込んでしまうほうなので、仕事に取り掛かる前に、ある程度の家事は終わらせておくようにしています。以前は家事の段取りはいつでもできると思っていたので、逆にダラダラとやってしまいがちでした。

気持ちの面でも大きく変わりましたね。これまでは家の中にしか私の役割はなかったわけですが、今は外の世界でも役割を持っています。目の前にあるパソコンを通じてクライアントさんとつながり、そこから収入を得ているというのは私にとって大きな変化です。社会と交わる接点ができて、まさに「新たな生きがいを得た」という感じですね。

クラウドソーシングで働くことに対して、ご家族の反応は?

家族はみんな協力的です。私がパソコンに向かっている間は、話しかけてこないですね(笑)。

家族から、「講座がある水曜日は生き生きしている。本当にいい講座を受けているんだね」と言われたことがあります。これまで家のことにかかりきりだったので、私の元気な様子を見て、家族も喜んでいるみたいですね。もちろん、迷惑をかけないようにやっているつもりなので、理解してくれているのかなと思います。

安定的な収入を得られるところまで、がんばっていきたい。

八塚さんは「新しい働き方講座」を修了後、「Webライティング講座」にも参加されました。どんな学びがありましたか?

文章を書く前に全体構成を作るという説明を聞いて、そういった知識が何もなかったので本当に勉強になりました。毎回いろいろな気づきや発見があり、実際の仕事にすぐに役立つ講座でした。

何より良かったのは、課題を提出して添削してもらえたことです。「ここはこうすると、もっと良くなる」「これはいらない」など個別にフィードバックしていただいたのが、本当に嬉しかったです。

5年後や10年後に「こんな自分になっていたい」という理想の姿を教えてください。

クラウドソーシングで、安定的な収入を得られるところまでがんばろうと思っています。人から「何かお仕事をしていますか?」と聞かれたときに、「フリーランスでやっています」と言えるようになりたいです(笑)。

理想の働き方でいうと、普段は在宅でクラウドソーシング、週に2~3回はオフィスに出社して直接コミュニケーションできるというスタイルがいいですね。実現できるように、スキルをしっかり磨いていきたいと思います。

最後に、クラウドソーシングに挑戦してみたいという方に向けてメッセージをお願いします!

やってみたいと思ったら、まずはやってみようということですね。私も始めるまでは不安がありました。でも今は、スタートを切って本当に良かったと思っています。自分に合うかどうかはやってみてから決めればいいので、こういった講座を利用して、ぜひ挑戦してみてください!

ありがとうございました!

PAGE TOP