「フリーランスで稼げるようになる!」同じ目的を持つ仲間がいたことが大きな励みに。

冨澤 国洋さん

自分と同じようにフリーランスを目指す方々の存在が心強かった。

「新しい働き方講座」に参加したきっかけは?

以前は会社勤めをしていたのですが、体調を崩したことをきっかけに退職しました。介護をしなければならないという家の事情もあり、自宅でできる仕事はないかなと思っていたときに南相馬市からの案内チラシを見て、受講しようと決めました。

その時点ではクラウドソーシングという言葉自体を知らなかったので、正直、パソコンだけで報酬を得られる仕事なんて怪しいんじゃないかなとも思いましたが(笑)、南相馬市の主催なら大丈夫だろうと。クラウドソーシングを一から教えてもらえるということだったので、とりあえずやってみようと思い、参加することにしました。

実際に講座に参加してみて、どんな気づきがありましたか?

クラウドソーシングという仕組みを初めて知って、「なるほど今の時代に即した働き方があるんだな」と納得しました。さらにランサーズでは、報酬や仕事面でトラブルが発生しないようなシステムを作っているので、その点も安心できると感じました。

ランサーズには「仮払い」という制度があって、仕事を始める前にランサーズ側がクライアントさんからの報酬をいったん預かり、納品後に支払われます。なので、たとえば仕事を納品しても報酬を支払われないといった問題が起きません。すごく便利なシステムで、初心者が安心してフリーランスデビューするにはもってこいの場だと思いました。

講座に参加して良かったと思うことは?

クラウドソーシングの仕組みを理解できたことも良かった点ですが、もうひとつはコミュニティに参加できたことですね。

周囲の友人や同級生は企業に勤めている人がほとんどで、フリーランスでやっている人はいません。講座に参加したことで、自分と同じように新しい知識を得てフリーランスでやっていこうという方たちの中に入れたのは、大きなプラスになりました。

いきなり一人でやり始めても不安でいっぱいになったと思うので、同じ目的を持つ方々が集まっているというのは、とても心強かったです。受講生同士でもチャットワークを使って情報を発信したり共有したりして、楽しみながら学ぶことができました。

講座で習ったことがそのまま実践に活かせた!

冨澤 国洋さん

冨澤さんはモヤ会(モヤモヤ解消会の略:自主勉強会)にも毎回参加されていました。どんな理由で参加されましたか?

講座でわからなかったことも気軽に相談できる場なので、スキルがしっかり身につくだろうと思い参加しました。先輩のフリーランスの方から、講座では出てこないような裏技的な話を教えてもらえたことも、とても面白かったですね。フリーランスとしてやっていくうえでのテクニック的な話も聞けたので、毎回参加するのが楽しみでした。

「新しい働き方講座」を修了後、「Webライティング講座」にも参加されました。どんな学びがありましたか?

まず、いろんな記事を読んだり本を読んだりしたときに、文章の作り方や表現を注意深く見るようになったのが大きな変化です。今までは、単なる読者として読んでいただけだったのが、「語尾はこうしたほうがよいのかな?」とか、「自分が書くなら……」ということを考えながら読むようになりました。文章を読むのはもともと好きでしたが、もっと好きになりましたね。

あとは、文章の構成の作り方や書き方など、具体的なテクニックを学べました。自分がやってしまいがちな日本語のミスに気づけたり、文章を書き終えた後のチェック方法を具体的に得られたりしたのは、大きな進歩です。

文章力は一気に身につくものではないと思うので、これからたくさんの文章を書きながら、習得していけたらと思っています。

講座の途中段階で、ライティングのお仕事を受注されていましたよね。実際にクラウドソーシングでお仕事をしてみた感想を教えてください。

クライアントさんが私のプロフィールを読んで、直接オファーをくださいました。初心者ということも知ったうえでのご依頼だったので、丁寧に指示を出してくださり、なんとか無事に納品までたどりつけました。

情報のリサーチ方法や文章構成の作り方など、講座で習ったことをそのまま実践に活かせたので、Webライティング講座を受けていて本当に良かったと実感しました。自分が書いた文章を納品したときは、すごく達成感がありましたし、とても安堵しました。

とはいえ、まだまだ初心者なので、1本納品するのも精一杯という状態。これからしっかり経験を積んで、良い記事をどんどん書けるライターになりたいですね。

数年後には胸をはって「プロのライターです!」と言いたい。

5年後や10年後に「こんな自分になっていたい」という理想の姿を教えてください。

目標は、フリーランスのライターとして生計を立てられるようになることです。フリーランスであっても納期や〆切はありますが、好きなタイミングで作業ができるところは自分に合っていると思います。

自分で仕事を取りにいくという大変さもありますが、実力次第で収入を伸ばせるという点は、私にとっては燃料です。焦りすぎず、まずは着実に文章力を磨いて、自分の力に自信を持てるようになりたい。数年後には胸をはって「プロのライターです!」と言えたらいいですね。

最後に、今後クラウドソーシングに挑戦したいという方に向けてメッセージをお願いします!

不安が先に立って迷っているなら、まずはやってみようということですね。ありがちな言葉ですけれど、「やらない後悔よりも、やってからの後悔のほうがいい」と言いたい。私自身、やらずに後悔した経験があるので、今回思い切って挑戦してみたのですが、やってみて本当に良かったと思っています。

社会的にもクラウドソーシングは今後さらに増えていくと思うので、どんどん挑戦してみてほしいです。

初心者の私も仕事を受注!講座で学んだことが仕事に活かされ、夢に一歩近づけました。

桃井 和実さん

実際にパソコン操作をしながら学べたので、しっかり身についた。

「新しい働き方講座」に参加したきっかけは?

主人と一緒に南相馬市に引っ越してきまして、仕事をいろいろ探していたときに南相馬市からの案内を見て、ぜひ受講したいと思いました。

というのは、以前に介護の仕事をしていて、 シフトによっては早朝や深夜にかかるような働き方になっていたのですが、自分で生活リズムを作れるような仕事をしたいという思いがあったんですね。クラウドソーシングはそういう意味でぴったりだと思っていたものの、始め方がわからないし、一歩を踏み出す勇気もなかなか持てずにいました。

もともと興味があった働き方だったので、市からの案内を見たときに「あ!これだ!」と 思い、すぐに申し込みました。

実際に講座に参加してみて、どんな気づきがありましたか?

講座を受ける前は、クラウドソーシングはデザイナーとかプログラマーとか、パソコンに 詳しい専門的な職業の人しかできないものだと思っていたんです。なので、まずはそういった勉強をしないと自宅で仕事はできないのかな……と、ちょっと遠くに感じていました。

それが講座を受けてみて、初心者でもできる仕事がたくさんあることや、実際に初心者でもさまざまな仕事を受注している人たちがいると知り、とても勇気づけられました。

講座に参加して良かったと思うことは?

クラウドソーシングでやれる仕事の種類は、思っていたよりもたくさんあるということに気づけたのがひとつ。もうひとつは、「私にもできそう!」というイメージを持てたことです。ネットで情報収集をしても、実際の仕事の流れなどを今ひとつ理解できなかったのですが、講座では実際にパソコン操作をしながら丁寧に教えていただけました。

仕事の探し方や受注率を上げる提案の仕方、納品の方法、報酬の受け取り方まで、実際に体験しながら習得できた点がとても良かったです。それに一緒に学ぶ仲間がいたことも大きな支えになりました。自宅で、一人でやっていたら途中で挫折したかもしれません。

講座に参加してから、文章を読むこと・書くことがとても楽しくなった。

桃井 和実さん

桃井さんはモヤ会(モヤモヤ解消会の略:自主勉強会)にも毎回参加されていました。どんな理由で参加されましたか?

講座中はわかったつもりでいても、家に帰ると新しい疑問が湧いてきたりするので、ちょっとした質問も気軽にできるモヤ会はありがたかったです。

講座を受け始めたときは、ランサーズに登録されている方々のプロフィールを見て、この中で、初心者の私が仕事を受注できるのかな……と不安になったのですが、モヤ会で先輩のフリーランスの方から「今までの経験が仕事につながるので大丈夫」とアドバイスをもらい、それが励みになりました。

すでにフリーランスとして活躍している先輩のリアルな話も聞くことができて、私にとってはモチベーションを高められる場でした。

「新しい働き方講座」を修了後、「Webライティング講座」にも参加されましたが、どんな学びがありましたか?

Webライティングの仕事をしたいと思っていたのですが、自分の文章力に自信がなかったので、力をつけたいと思い参加しました。

講座では、文章の書き方の基本的なところから教えてもらえたので、気づきや発見がとても多かったです。この講座に参加してから、読みやすい文章や伝わりやすい文章を意識するようになりました。プライベートでメールをするときにも、ついライターの目線になってしまいます(笑)。

常に「良い文章になっているか?」と気になることも自分にとっては嬉しい変化で、文章を読むことも書くことも、とても楽しくなりました。

講座の途中段階で、ライティングのお仕事を受注されていましたよね。実際にクラウドソーシングでお仕事をしてみた感想を教えてください。

ランサーズで仕事を探して、エンタメ系の記事を6本受注しました。Webライティング講座の中で、文章を書く前のリサーチが重要ということを教えていただいていたのですが、実際に記事を制作するときに、身をもって実感しました。

段落の作り方や正しい日本語表現なども講座で学んでいたので、実際の仕事にすぐに活かせたことがとても嬉しかったです。

自分が好きな仕事を自分のペースで続けていきたい。

クラウドソーシングで働くことに対して、ご家族の反応は?

南相馬市に引っ越してきてから、なかなか仕事を見つけられずにいたので、主人はホッとしている様子です。もともとやりたいと言っていた在宅ワークを実践できている点でも、安心してくれているのではないかと思います。

がっちり仕事をしたい日は、事前に主人に伝えているのですが、そのときはあまり話しかけてこないなど応援してくれています。

5年後や10年後に「こんな自分になっていたい」という理想の姿を教えてください。

自分が興味を持っている「暮らし」や「介護」などの分野でライティングができたらいいなと思っています。目標は、自信を持って「プロのライターです」と言えるところまで実力をつけること。クラウドソーシングなら、自分でスケジュールを組み立てて無理なく仕事をすることも可能なので、自分のペースを守りながら続けていきたいです。

夢はもうひとつあります。それは南相馬市の地域情報を記事にして発信するということ。南相馬市でがんばっている方を取材して、それを記事にできたらいいなと考えています。まだスタートしたばかりですが、夢の実現に向けてがんばっていこうと思っています。

最後に、クラウドソーシングに挑戦してみたいという方に向けてメッセージをお願いします!

初めは勇気がいるかもしれませんが、ちょっとでも興味があるなら挑戦してみることをおすすめします。思っている以上に仕事の種類はたくさんありますし、初心者でもできる仕事がいろいろあります。

ぜひランサーズに登録していただいて、一緒に南相馬市のフリーランスとしてがんばっていきましょう!

PAGE TOP